Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイバニデマプチ画像まとめ

首がきつい人はドライヤーで暖めると入れやすいですよ!

わかったこと
・ねんどろいどぷちと首の径が同じ
・ロックバイソンにシルバニアのウェディングドレスがぴったり…

まだまだ遊べそうです!

ナースネイサン

焼肉

バスタイム

アーツ兎虎

スカーイハーイ

すげかえ龍巫女

腕枕

炎牛結婚式

和風結婚式
スポンサーサイト
*CommentList

アーツのワイルドタイガーいろいろ

アーツのワイルドタイガー(夫の)で遊びまくったので画像をまとめました。
※10/28追記 下描きを保存したつもりが公開してました…
 ちょっと画像追加しました

「乗り物シリーズ」
右下のワーゲンのワゴンは乗れるかと思って買ったけど無理でした。
乗り物まとめ

「一人晩酌」
バニーちゃん来るかな…
一人晩酌

「猫VS虎」
マグ虎

「ワイルド盛り」
ワイルドに盛るぜ

「チャイルドタイガー」
チャイルドタイガー

「VS触手」
触手系

デマプチはまた…

タイバニオンリー 7/18(月・祝)「GO NEXT!」に参加します

ブルジョワ

タイトル:「ジュワッとブルジョワ直火焼き」総ページ:32P
スペース:か02「砂季っぽ」
炎牛メインオールキャラ本 全年齢向け(下ネタ多め)
ゲスト・小林ミツツグ様高内優向様治島カロ様

中身はピクシブのまとめと描き下ろしちょこちょことゲスト様のイラスト&漫画です。宜しくお願いします!!

「GO NEXT!」サイト

精神科と都条例の話

※こんな文章ですが書くのに3週間くらいかかったので情報が古いです。すみません…。

12月、通院中の精神科の問診票の「心配事はありますか?」の欄に「都条例が改正されて云々」と書いた。
そうしたら医師が「皆さん心配なさってるようで、他にもそうおっしゃられる患者さんが・・・」
なんと私以外にもいるらしい。なんと精神衛生上悪い法案なのだろうか。
ぜひ「都条例改正症候群」として学会に発表していただきたい。

医師「こんなの通ったら、エヴァンゲリオンも放送できませんよね。あんなに流行ったのに」
私 「アンパンマンも無理ですよね」
医師「ですよねー」
私 「東京国際アニメフェアが・・・」
医師「角川がキャンセルしましたよね」
私 「角川も含めて小学館や集英社などが10社キャンセルしました」
医師「それは凄いですね!コミケも近いから皆さん気になってる方も多いようで」
私 「先生お詳しいですね・・・」

どうやら漫画好きな患者のために色々調べてるらしくって嬉しかったです。
いえもしかすると元から漫画好きなのかもしれませんが。
先生の信頼度が上がった出来事でした。

そして今月

医師「(都条例が)通っちゃいましたね…」
私 「通っちゃいましたね…」
医師「(東京国際アニメフェアと)同じ日に(アニメコンテンツエキスポを)ぶつけてきましたね…」
私 「×××××って感じですよ!」
医師「ですねえ」

先生とツーカーになってまいりました。

医師「問診票の『あまり調子がよくない』に○が付いてますが、心配事はこの他にありますか?」
私 「ないです。あんまりこのことばっかり考えてるとリアルで胸が痛くなってくるんですが…」
医師「おそらく一種のパニック発作でしょう」
私 「え」

パニック障害再発!?勘弁してくださいマジで…。
(この後、病気の話につき中略)

私 「私以外にこの事で悩んでる患者さんってどんな感じなんですか?」
医師「殆ど漫画の読み手さんか、コミケに行っている方です。
  みなさん怒ってるか落ち込んでるかという感じですね」
私 「私も可決したばかりの時は怒ったり泣いたり落ち着かなくて酷い状態でした。
  でもいろんな人やいろんな企業が頑張ってるので、自分も頑張らなきゃ!って思うんですよ!
医師「いえまあ私からすると、頑張るのは大きな企業さんたちに任せて、
  モリさんは正直頑張らないで薬飲んで寝ていて下さいって思うんですが」
私 「ははは…スミマセン…そうですね」
医師「どこかに息抜きみたいなものは必要だと思うんですけどね」
私 「禁酒法をつくったらアルコール依存症が激増したみたいなことが…」
医師「そうそうそう」

医師「何か他に気になってることはありますか?」
私 「あのう…いやらしいものや暴力的なものを見たからって、
  いやらしい人や暴力的な人になるわけじゃあないですよね?」
医師「それはないと思います。
  逆にもし悪い事をしたら、自分がどういう気持ちになるかっていうのがわかるじゃないですか」

!!!!!!!!
残酷な描写の中に含まれているのは、殺人犯の後悔も、被害者の痛みもあるわけです!

私 「そうですよね!『私だったら絶対にこんな酷い事はしたくない』とか解りますもの!」
医師「そうそう」

ううううう・・・
私 「ぜんぜいあじがとう…とてぼ救われまじだ」

いろいろ考えてだんだんわかってきたのですが、自分の親の世代は「子供にいやらしい物を見せない」=性教育と
思い込んでいたようです。
いえ、社会がそのように大人をワクに押し込めていたのかもしれません。
ヘビの絵をエプロンに刺繍したら母に「ヘビはおちんちんの象徴でいやらしいから直しなさい」と怒られました。
母が描いた不適切でない絵柄を言う通りに縫いました。
急に絵柄が変わったので、家庭科の先生に「お母さんににやってもらったでしょう」と怒られました。
さんざんでした。
でもそこまで子供を追いつめなければいけなかった母親は、今思えば可哀想です。

見せなければ安心、という性教育は充分ではありませんでした。子供にも、大人にも。

そんな中で自分を助けてくれたのは漫画でした。
漫画が痴漢の存在を教えてくれたおかげで痴漢から逃げられました。
いじめられっ子だった自分を励ましてくれたのも漫画やアニメ、そしてドキュメンタリーでした。

そして、もっと幼かった頃、自分にとって大切な物が絵本でした。
「人を殺すと自分も背中を焼かれ、泥舟で沈められる」という大変いいトラウマをもらいました。
もし自分が人を殺してしまったりしたら…と想像すると恐ろしくてたまらなかったのですが、
「人は簡単に死んでしまう事がある」「人を殺すと報いがある」ということは早いうちから知るべき事だと思うので、
とても大切にしているトラウマの1つです。

ところで、以前から絵本の内容がソフトになっていることを危惧しています。
誰も死なない話だけを見せるというのは果たしていい事なんでしょうか。
子供が一番最初に出会う死が架空の物でなく、現実の家族の死になってしまわないでしょうか?
子供にとって家族の死以上に残酷なことがあるでしょうか。

それから、性教育が規制されるのが心配です。
性教育について調べていたら、2002年の「思春期のためのラブ&ボディBOOK」回収問題を知りました。
いい本じゃないですか…(ピルの副作用が書いてないなどの問題もありますが)。
小学生の時の私に見せてくれればいろいろ悩まなくてすんだのに・・・。

本の全文はこちらで読めます(反対派の方のページです)。

性教育の本はよく規制の槍玉にあがります。
おそらく漫画とともにこの分野も萎縮していくでしょう。

ドクターストップもかかったことですし、私はしばらく都条例の事をなるべく考えないようにしたいです。
漫画読んでゲームやって寝ます。


…………
漫画もゲームも規制されるんだった……。


世の中、息苦しいです。

マグ猫その3

マグ猫が面白くてかわいくてたまらないので、1BOX買いました。
合計13匹です。

「猫リセット」
猫リセット

「歪む次元」
マグ猫ハウス

「珍走団」
ニャン走団

「ラーメン店襲撃」
猫ラーメン

「ラーメン店→猫襲撃により廃業→寿司屋開店→猫襲撃により廃業」
寿司と猫

「風呂桶やマグ猫飛び込む水の音」
暑い猫

旧記事
マグ猫で遊んでみた
マグ猫その2

ご案内

プロフィール

ブタ
森砂季(モリサキ)といいます。
ピクシブとかでちょこちょこ描いたり描かなかったり。

ピクシブ

最新記事

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

ツイッター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。